ゴルフ 上達 基礎

「捻る」はゴルフスイングにとって大切な運動のひとつです。しかし、これを意識していないアマチュアゴルファーが意外と多い事実があります。これはなぜでしょうか?
MENU

ゴルフ基礎の基礎 -クラブは「上げる」のではなく「上がる」-

「捻る」はゴルフスイングにとって大切な運動のひとつです。しかし、これを意識していないアマチュアゴルファーが意外と多い事実があります。これはなぜでしょうか?

 

「では、クラブを上げて……」

 

ゴルフレッスンを受けた経験のある人であれば聞いたことのあるフレーズでしょう。レッスンプロも用いているこのフレーズにじつは大きな誤解を招く危険性が潜んでいます。この言葉のために、多くのアマチュアゴルファーが身体を「捻る」という大切な動作を軽視、あるいは忘れてしまっているのです。

 

初心者が、指導者から「クラブを上げてください」と聞くと、ゴルフクラブを天に向かって上に「上げる」状態をイメージしてしまい、実際に手でひょいっと上に上げてしまいます。ここで「クラブは上げるのではなく上がるのです」と的確に注意できる指導者は少ないようです。

 

グリップの向きは、シャフトの位置は、と形ばかりを教え始めてしまいます。ときに「よいトップですね」なんていうお世辞まで聞こえてくると、いよいよこれが誤解のもとになってしまうのです。
ゴルフクラブは「上げる」のではなく、「上がる」のです。肩の回転によって、結果として上に移動するのが理想的です。

 

つまりは目的を見誤らないことが重要となります。クラブを上に上げるのが目的なのではなくて、身体を「捻る」ことが肝要なのです。ここにゴルフスイングの本質があるのだと理解してください。

 

自分の身体をゴムを巻くプロペラ飛行機だとイメージしてみましょう。トルクを感じつつ、プロペラを最後の半回転「捻る」ところを思い浮かべてください。手を放せば、プロペラは勢いよくびゅんと回ります。このイメージを大切にしてください。

 

「上げる」のと「上がる」のとでは、言葉だけ聞くと同じ表現をしているようですが、これはまったく違う運動を表しています。手の動きを極力抑え、肩や腕などの骨格の動きでスイングを覚えていくのがゴルフスイング上達のひとつの鍵となります。

 

しかしながら手の先にはゴルフクラブがあります。だからどうしてもクラブヘッドを強く意識してしまい、ヘッドを手先で動かしてしまいがちです。クラブが上がり、その後から肩がついていく格好になってしまいます。

 

本来は、肩が回り、そこに腕があり、その先に手があり、さらにその先にクラブがあるとなるのがベストです。ゴルフスイングは骨格で作る。これを強く意識してください。今回の話では言葉の難しさを実感させられました。同様にゴルフも難しく奥が深い競技です。しかしだからこそゴルフは楽しいのだともいえるのではないでしょうか。

 

ドライバーランキング

ゴルフ上達するための基礎知識記事一覧

ゴルフにおいて飛距離を決める要素はボールが飛び出す角度、ボールの回転、飛び出すスピードなど、いくつかあります。そのうち、力の衰えとともに落ちてくるのがボールの飛び出すスピードです。それは、ボールやクラブを変えることで改善できることもあるでしょう。しかし、同じゴルフボール、同じクラブなら、ボールの飛び出すスピードは、インパクト時のクラブのヘッドスピードに比例することになります。若いうちは力任せの早い...

ゴルフボールを飛ばす事は一見簡単そうに見えますが、実際スイングしてみると難しいものなのです。ゴルフボールをドライバーを使って遠くに飛ばそうとすると必ず力が入るものです。しかし下半身がバラついてしまったり頭を動かしてしまったりするとしっかりしたスイングが出来なくなってゴルフのスコアも伸ばす事が出来ません。ゴルフのスコアを伸ばすためにはスイング中に下半身がバラついてしまったり頭を動かしてしまったりしな...

このページの先頭へ