ゴルフ 飛距離 アップ 方法

ゴルフにおいて飛距離を決める要素はボールが飛び出す角度、ボールの回転、飛び出すスピードなど、いくつかあります。そのうち、力の衰えとともに落ちてくるのがボールの飛び出すスピードです。
MENU

ヘッドスピードで飛距離を伸ばすスイング

ゴルフにおいて飛距離を決める要素はボールが飛び出す角度、ボールの回転、飛び出すスピードなど、いくつかあります。そのうち、力の衰えとともに落ちてくるのがボールの飛び出すスピードです。

 

それは、ボールやクラブを変えることで改善できることもあるでしょう。しかし、同じゴルフボール、同じクラブなら、ボールの飛び出すスピードは、インパクト時のクラブのヘッドスピードに比例することになります。

 

若いうちは力任せの早いスイングで飛距離を稼ぐことができたかもしれませんが、年齢とともにそうもいかなくなってきます。そこで、効率よくヘッドスピードを上げるスイングが大切になってくるでしょう。

 

参考:高反発 ゴルフ ドライバー

・素早く振りぬくことと、ヘッドスピードを上げることは別物

ヘッドスピードを上げるためには、とにかく速くクラブを振ることだと思いがちですが、実は違います。速くクラブを振れば、早く振り終わることはできてもヘッドスピードが上がりません。スイングの力をヘッドスピードに効率よく変換することこそ、ヘッドスピードを上げる秘訣なのです。

・回転半径の変化がヘッドスピードを上げる

ここからは右利きの人向けに説明しましょう。(左利きの人は左右を逆に考えてください。)スイングのトップで左腕とゴルフクラブは90度の角度になるようにしてください。その90度を保ったまま、スイングを開始します。

 

そして、インパクトの瞬間には、左腕とゴルフクラブが180度、つまり一直線になるようにしましょう。このように回転半径を変化させるるのです。スイングの回転の中心から90度折れ曲がった2本の棒(腕とクラブ)が180度になることで、回転半径が長くなります。

 

回転半径が長くなると、先端のスピードが(つまりヘッドスピード)が速くなるのです。これが、ヘッドスピードを上げる基本原理です。

・このスイングにはコツがある

スイングトップで左腕とゴルフクラブが90度だったとしても、速く振ろうとするともっと折れ曲がって90度以下になってしまいます。そうなると、スイング前半のヘッドスピードが落ちて、そこから回転半径が長くなっても、既に落ちたヘッドスピードを上げるだけで、最終的には大して速くなりません。

 

90度を保てるスイング速度が重要です。そのためには、ゆっくりとスイングを開始するのがコツです。そして、インパクトの手前では、クラブを握っている左手の方がクラブヘッドよりも先にボールの方に到着します。この時には、まだほとんど左腕とゴルフクラブとの角度は90度です。

 

さあ、重要なのはこの瞬間です。スイングを停止してください!つまり、腕の回転をそこで止めるのです。左腕をまっすくゴルフボールに向けたまま止めるわけです。

 

そして、手首の力を完全に抜く(これが大事!)と、遅れてきたクラブヘッドが追いつくように回ってきます。そこで、回転半径が長くなります。このようにインパクトの瞬間に回転半径を伸ばすわけです。

 

そうすると力を使っていない割にはヘッドスピードが速いことに気がつくでしょう。どうぞお試しくださいませ。

 

カタナゴルフのドライバーが合わなかったらHAYABUSAがおすすめ!

ゴルフ飛距離アップする記事一覧

ゴルフを嗜む場合、コースをどれだけ少ないスコアで廻るかも重要ですが、それ以外にもドライバーでどれくらいの飛距離を出せるかということも非常に重要になってきます。特にロングコースの場合最初のドライバーの飛距離次第ではコースを回る際の打数も大きく変わってきますし、やはり飛距離がいつも以上に出た場合の爽快感は何物にも代えがたいものです。年齢を重ねていくとどうしても飛距離は落ちてきますし、もともと力の弱い人...

飛ばすことはゴルフの醍醐味の一つでもありますが、加齢と共に飛ばなくなってきたシニアにとって心強い流れがゴルフクラブ業界にも見えて来ました。かつて高反発ドライバーと言われたクラブですが、様々なメーカーから最新の技術を取り入れた新製品が続々とリリースされています。その中でも特にオススメなのが色々なゴルフ雑誌でも取り上げられ絶賛されている高反発ドライバーHAYABUSAです。開発に3年もの年月をかけただ...

このページの先頭へ