MENU

ピタリと寄せたい!アプローチショットの基本

ゴルフのスコア向上で重要になるのがアプローチショットです。飛距離を飛ばすドライバーや最後の一打を決めるパッティングと比べるとアプローチショットは地味な印象を持たれがちですが、スコア向上を考える上では非常に大切な技術です。

 

プロの試合でもアプローチに苦し目られてスコアを崩す選手は少なくありません。アプローチショットの技術が向上すればミスを恐れずティーショットを打てるようになりますし、より打ちやすい場所にグリーンオンさせることでパッティングの難易度がグンと下がります。

 

安定したスコアを残せるようになりたいのなら、アプローチの技術を磨きましょう。

アプローチはスタンスで8割決まる

アプローチショットでもっとも重要な技術が「スタンス」です。
スタンスなんてしっかり立てばいいだけだろうと軽視視されることも多いのですが、スタンスがしっかり決まっていないと体の軸が安定せず安定したショットができません。

 

ボールの落ちた場所によって条件が変わってしまいますが、どんな地面でもしっかりとスタンスを決められるようになればアプローチの安定性は大幅に向上します。

 

アプローチショットではスタンスをやや狭めに取るのが基本です。ティーショットのようにどっしり構えてしまうと力が入りやすくなり過ぎ手元の微妙なコントロールを阻害してしまいます。両足の間に拳がひとつはいるくらいの幅に足を揃え、踵と爪先がぶれないようしっかりと立ってください。

 

両方の足でしっかりスタンスを決めようと意識するとかえって不安定になってしまいます。右利きのゴルファーならまず左足のスタンスをしっかりと決め、右足は安定性を保つための微調整に集中してください。ティーショットのように飛距離を稼ぐ必要はないので体重移動よりもしっかりとスタンスを決めることを重視しましょう。

ハンドファーストでボールをコントロールする

アプローチショットの基本は「ハンドファースト」です。スイングではヘッドよりもグリップした両手を先に突っ込ませることを意識して振りましょう。ハンドファーストでスイングすると手首の微妙な感覚がヘッドに反映されやすく、インパクトのタイミングでゴルフボールをより思い通りにコントロールすることが可能になります。

 

ボールを叩くのではなく救い上げて運ぶようなイメージでスイングする理想的なアプローチショットに近付きます。ダフリやトップにお悩みの場合は、思い切ってクラブを短く持ちましょう。

 

短く持つことでヘッドコントロールが用意になるだけでなくボールまでの距離感もつかみやすくなるので、ダフリやトップなどのミスショットを防止できます。アプローチショットでは大きなスイングは必要ありませんから、自分にとって振りやすいようにショットを微調整してください。

このページの先頭へ